馬込半白キュウリ

東京の伝統野菜「江戸東京野菜」に認定されている「馬込半白キュウリ」
大田区馬込が栽培の発祥で、ツルに近い部分が緑色、下の部分が白いことから
その名がついたキュウリです。

今回、その馬込半白キュウリのプランター栽培の講座を受講しました。
さすが、江戸東京野菜!受講資格は東京在住。
都外で育てたら江戸東京野菜でなくなってしまいます。

講師は江戸東京野菜栽培の第一人者のお一人
練馬の「ファーム渡戸」の渡戸秀行さん。

0507きゅうり 渡戸さん
ご自身で長年種をつないで作った苗を準備してくださいました。
0507きゅうり 苗

こだわりの堆肥、土を使って苗を植え付け
栽培の注意点を教えてもらいました。

0507きゅうり 土

味がよいのに、日持ちの悪さや栽培が難しいことから
その姿を見ることが出来なくなってしまった、このキュウリ。
上手く育ってくれることを願って
「帰ったら水をたっぷりと!」との教えを守り
我家のベランダ菜園に仲間入りです。

0507きゅうり バルコニー